卯月ユウトの、本のち音楽、時々グルメ

ケータイ小説作家の卯月ユウトが、趣味の読書、音楽、オススメのグルメについて、徒然なるままに記していきます。

「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」七月隆文 感想

f:id:bniygundum140430:20180526205749j:image

2016年に映画化された、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」などで知られる七月氏の最新刊、「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」の感想を書いていきたいと思います。

 

一部ネタバレを含むので、注意してください。

 

 

 

《あらすじ》

 

売れないカメラマンの仁(じん)はある日、窓辺に立つ美しい少女を偶然撮影する。

少女の名前は陽(はる)。

難病で外に出られない彼女は、白い部屋の壁に風景を映して眺める日々を送っていた。

 

「外の写真を撮ってきて頂けませんか?」

 

陽の依頼を受け、仁は様々な景色を撮って届けることになる。

それは運命の出会い。

ふたりの人生が奇跡のように変わり始める瞬間だったー。

 

 

 

《感想》

 

感想を一言で言うと、『美しい』。

 

情景が目に浮かぶような、優しい言葉で紡がれているなという印象。

 

「ぼく明日」と同じく、最後はどんどんと読み進めてしまいました。

 

表紙は、「君の膵臓をたべたい」や「君は月夜に光り輝く」などで知られるloundrawさん。

 

作中の陽のイメージそのままの、儚げなイラストが、作品を彩ります。

 

 

 

注意!ここからネタバレあり

 

 

「ぼく明日」は、最終的に別れることになってしまう、少し悲しい終わり方でしたが…

 

この作品は、色んな困難がありながらも、乗り越え、ハッピーな終わり方をします。

 

 

 

 

《まとめ》

 

色々書いてきましたが、とにかく、心温まる物語でした。

 

読書をしたことがない、苦手だという方にも、読みやすくオススメしたい作品です。

 

おそらく文庫化されると思いますので、それまで待つも良し。

 

待てない!という人は、少し高いですが、ぜひ書店で手に取り、レジへ向かいましょう(笑)。

 

最後に。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

と、ここで宣伝。

私の小説(あくまで趣味)を、ケータイ小説サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「エブリスタ」にて公開中です。

“卯月ユウト”で検索してください。

 

 

それでは。